キャッシング初心者向けの基本的な情報と破産宣告

現代日本に住んでいるとやはりどうしても支出が増えてしまうのは仕方ないと思います。

 

 

特に働き出してからは収入は増えるもの支出もそれに伴って増えてしまい、手元にお金が少ない時でも急に大金が必要になることもあります。

 

 

そんな時に有効活用したいのがキャッシングなのですが、初心者さんには色々と分からない点があると思います。今回はそのキャッシングの基本的な知識を説明していきましょう。

 

借金返済で困った場合には自己破産や破産宣告が詳しく記述されているサイトも見ておきましょう。

 

破産宣告とは自己破産.com

 

1.キャッシングと審査について
まずはキャッシングの基本的な知識として審査があります。

 

こちらは当然ですが偏差能力を見ることでお客さんとの信頼関係を橋渡しにしてお金の貸し借りをするので、まずはなんといっても年収が一番大きなポイントになってきます。

 

 

年収を大きく決めるのが職種であり安定性が一番重視されるので正社員や公務員はかなり審査面では有利になります。反対に自営業や主婦やアルバイトなどは収入が不安定だったり低いために審査面では若干ですがデメリットになります。

 

 

これらの収入と同じぐらい審査基準で大事なのは個人の金融情報であり信用情報機関に登録されているものです。

 

 

いわゆる過去の返済においても遅延や延滞があったり、あるいは一か月に新規の申し込みを複数件するなどをしていると返済能力として疑問がもたれてしまい、これが一般的に言われるブラックリスト入りという状況になってしまいます。

 

 

これらにブラックリスト入りの情報は最低でも半年から、債務整理などになると5年以上と言う長い期間になってしまうので、十分に気を付ける必要があります。

 

2.キャッシングと総量規制という制度について
さてキャッシングの基礎である審査について説明していきましたが、今度はこのキャッシングのサイトを調べてみると頻出する言葉である総量規制というものを説明していきましょう。この総量規制ですが2010年に改訂された貸金業法についての項目であり新しい制度となっています。

 

 

こちらの要点に関しては大きく二点があり、まずは年収の1/3以上の貸付を各会社に原則として禁止をするという点と、借入額が50万円以上の場合には収入証明の提出を借り手に義務付けるというものとなります。

 

 

これらは以前にはグレーゾーン金利や年収に見合わない過度な借入などが横行していたため、これらを抑制するために、顧客の返済能力をしっかりと審査時に厳格に確かめるということで健全化を図る目的もありました。さ

さてこれらの総量規制というのは基本的にあ消費者金融とされるキャッシングに適応されますが、総量規制対象外となるものも存在しています。これらの総量規制対象外のものには銀行系ローンやおまとめローンがあり借り手側に有利となるメリットの方が高いために対象外となっているのです。

 

3.即日融資について
さてここまでキャッシングの基礎知識について説明してきましたが、最後に最近有名になってきているキャッシングの即日融資についてアドバイスをしていきたいと思います。

 

 

この即日融資については主に消費者金融などで多くが採用されていますが、一部の銀行系ローンでも採用されているので大分メジャーになってきています。

 

 

こちらの即日融資の方法にはいくつかのものがありますが、大体分かりやすいものとしては無人契約機などに行ってその場で審査を済ませてカードを発行してもらう方法でしょう。

 

 

大手の消費者金融だと審査に一時間もかからないこともあり、また無人契約機は夜の時間帯でも空いているためにかなり融通が利くのがメリットとなります。

 

 

また最近ではインターネット上での申し込みによって即日融資ができるお店が多くなりましたが、こちらは契約と申し込みを終えたあと銀行振込でも借入となるので利用する銀行の営業時間内に申し込みが完了していないといけません。大体の銀行は昼の3時あたりに締めてしまうのでおおよそ午後二時までに依頼が完了しているのが目安となります。

 

 

またインターネットバンキングを利用しているところはさらに融通が聞いて中には24時間いつでも振込での借入が出来るところもあるので便利につかいましょう。

お金がないと車も維持できない大切な思い出

日産のパオは現在ではもうすでに生産されていません。それもかなり前からです。それでもマニアには人気の車種と言ってもいいと思います。いまだに欲しいと言う人はたくさん居ると思います。

私自身も15年前にあの車、いいなと思って購入したときにすでに新車はなく、中古車しかなく、それでも欲しいと思って手に入れました。この車はパイクカーシリーズの一つとしていわゆるコンセプトカーに近いと言うのでしょうか日産が個性を重視してデザインした車ということです。パイクカーはパオの他にBe-1やラシーンと言った個性的なデザインでどの車も今も人気がありました。

パオはそんなとがったデザインの車でもどちらかというとちょっとクラシックな雰囲気を持っています。外装もそうですが内装もメーターや操作ボタンなどレトロな雰囲気がいい味をだしています。

そんな愛着を持てる車だったので車を運転するのが楽しくて仕方がありませんでした。実は車の運転は緊張するのであまり好きではなかったのですが、パオを運転するようになってからは運転しても緊張しすぎるということはなくなりました。エンジンそのものはパワーもそれほどなく、走るという意味ではスピードはでませんが、またそれは街乗りには丁度いい感じでした。スピードが出すぎたり、馬力がありすぎることはないので安全運転で無事故無違反でした。

確かに高速道路ではスピードが出ずにこころもとなかったですがそれもいい思い出です。そんなパオもとうとうエンジンがかかりにくくなり、信号待ちでもエンストするようになってとうとう手放すことになりました。中古で購入してからもかなりの距離を乗って10万キロを越えていました。パオは楽しい思い出をいっぱい作ってくれました。

結婚したら夫がニートに!お金は稼がないと

長く付き合ってきた男性と、結婚を決めました。
お相手は、印刷関係のきちんとした職場で正社員として活躍していました。

 
私も、別の会社ではありますが正社員としてDTPオペレーターをしていました。
お互いそこそこお給料もよく、福利厚生もしっかりしておりました。私の働いていた方の会社ではボーナスが年間3回でたほどでした。

 
そんな環境のいい職場ではありましたが、結婚してからは残業をがっつりやってバリバリ働いていては家事が追いつかない、と思ったため私の方が退職をしました。

 
しばらく専業主婦をしてから、飽きたらパートで何か仕事を探そう、くらいの気持ちでいたらばその二ヶ月後、夫まで辞めてしまったのです。

 

 

いま考えれば軽いうつかなとは思うのですが、本人は医者にも行きたがらずでした。これでは仕方ない、と思い、私がパートで働きに出ることにしました。

 
正社員だったころの貯金を切り崩しながら、しばらくやっていけたのですが、そのままズルズル働き口を探さないでいる夫に私がブチ切れ。離婚の騒動に。私が働いてるのに、あなたは家にいて家事もやらずそれで満足なのかと。

 

 
親を巻き込んで大騒ぎした結果、とりあえずアルバイトからはじめて最終的には正社員に戻る、という約束をお相手のご両親の前で約束させました。

 
ところがどうでしょう。数年たった現在、あのとき入ったコンビニバイトからまったく動いていないのです。

 
ひどい。私との約束はどうなっているのでしょうか。

 
それとも私は見かねたときには守ってくれる人だということを見抜かれているのでしょうか。

 
後者ですよね。案の定私はそこそこ残業が必要な仕事場に行き、また稼ぐようになりました。

 
これならある程度生活はできる。しかしいろいろ納得行かない部分の方が多い毎日を過ごしています。

 
どうしてお金がないのに就職してくれないんでしょう。これはもう私がメインで働けってこと?そういうことであれば主夫やってくれるってこと??

 
お金稼げないんなら私が稼ぐしかないもの。

 
あぁ、私は男のように働かねばならないのか。それを若干理解できてしまった自分が虚しい